丈六寺について
丈六寺供養塔
坐禅会
2021年3月20日

御誕生寺参り(お宮参り)

現在、各檀家からお子さん、お孫さん、ひ孫さん誕生の報告があった場合に本山の妙心寺(京都)から御守りが渡されています。しかし、お宮参りについては、ゆかりの神社に行く方が多いように思われます。もしこれまで、特定の神社とご縁のなかった方は、ぜひ丈六寺にお参りをしていただきたいと考えています。亡くなってから丈六寺とのお付き合いが始まるのでなく、昔のように出生時からの関係が作れることは大変ありがたい事です。なにより御先祖様も喜ばれると思います。お寺での御誕生寺参り(お宮参り)を御検討下さい。内容は以下の通りです(約30分)。なお、別途本山妙心寺からの記念品も届きます。

①御位牌堂での御先祖への誕生報告(般若心経奉納、回向)

②新生児の健康祈願(御札と御守り授与)

③ご誕生寺参りの意義について法話

短歌と祭日の話から、このお参りが親自身のためにもなることを御説明いたします。

④御本尊前での記念写真

 

●令和3年3月20日(土)午後に、大原の新宮さんの三男夫妻の第2子御誕生寺参りが行われました。御本尊とご先祖に長女紗和さんの御誕生報告と健康祈願を行いました。長男の大志君も3年前に経験していて、今回はお兄ちゃんとして参加しました。紗和さんの健やかな成長をお祈り申し上げます。

 

●令和2年6月14日(日)午前に、三重町秋葉の舛田夫妻の第三子ご長男の御誕生寺参りが行われました。長女・次女の優しい見守りの下、夫妻の親御さんも見えられて、お祝いが行われました。生まれてまだ2ヶ月弱ですが、凜々しさが感じられる顔立ちでした。檀家さんのご誕生については、本山である京都妙心寺からの記念品も近々届く予定です。おめでとうございました。

 

 

●令和2年6月13日(土)午後に、佐伯市宇目町の小野夫妻の第一子男児の御誕生寺参りが行われました。丈六寺前の産婦人科で出産したことがきっかけで、丈六寺を知ってもらったようです。ご兄弟やいとこの子どもたちも参加して、賑やかなご誕生寺参りとなりました。

 

 

 

●令和元年10月13日(日)午前に、肝煎2区に新築をして移住してきたご夫妻の第二子御誕生寺参りが行われました。三重町を気に入ってくれたことに感謝したいと同時に、ホームページの検索で見つけていただいたことにもご縁を感じました。最近リニューアルしたばかりだったので、若い方とお寺とのご縁を作るツールとしても大事であると再確認しました。

 

 

●平成31年4月21日(日)午後に、秋葉の小平夫妻の第1子尊斗(みこと)君の「ご誕生寺参り」が行われました。尊斗君は、お経の際の鉦(かね)の音にも動ぜずすやすやと寝息を立てていましたので、健やかな成長は間違いないでしょう。丈六寺の檀家さんではありませんでしたが、知人の紹介でHPを見て申し込んでいただきました。尊斗君が自分の誕生日に、両親に感謝できる人に育ってくれることを祈っています。

 

 

●平成30年7月15日(日)午前に、大原の新宮さんの三男夫妻の第1子御誕生寺参り(生後30日経過後に行われるお宮参りの事)が行われました。鹿児島から奥様の御両親も来られて、御本尊とご先祖にご報告しました。髪の毛がふさふさの新宮大志君の健やかな成長をお祈り申し上げます。

 

 

●平成29年8月11日(土)午後に、ある新婚夫妻の第1子御誕生寺参り(生後30日経過後に行われるお宮参りの事)が行われました。ホームページを見てご応募された方で、丈六寺の檀家ではなく仕事の関係で三重町に住んでいる方でした。大変ありがたいことです(写真カット)。

 

 

●平成29年3月19日(日)午後に、大原の新宮さん夫妻の第1子御誕生寺参り(生後30日経過後に行われるお宮参りの事)が行われました。出産直前まで坐禅会に参加していた奥様の思いが、赤ちゃんにも届いていたようでした。赤ちゃんの健康を御祈願して、御札・御守りをお渡しました。記念写真も一緒に撮れて、とても幸せな時間を過ごすことができました。

 

 

●平成29年3月12日(日)に高屋の生野さんの第2子が誕生し、御誕生寺参りが行われました。御本尊前での読経の後、赤ちゃんの健康祈願が行われ、御札と御守りが授与されました。昨年1月に続いて御誕生寺参りをして下さった生野夫妻にはとても感謝しています。

 

 

●平成27年11月8日(日)に、堀さん夫妻の第一子御誕生寺参り(一般的には生後30日経過後に行われるお宮参りの事)が行われました。久しぶりに赤ちゃんを抱いて少し緊張しましたが、喜びのおすそ分けをいただき、とても幸せな時間を過ごすことができました。

 

 

●平成28年1月11日(月)に生野家第一子御誕生寺参りが行われました。生野家にとって待望の第一子の御誕生とあって喜びもひとしおの様子でした。

御本尊前での記念写真(5分でプリントしてお渡ししました)

 

 

アクセス

所在地
〒879-7141 大分県豊後大野市三重町秋葉1274
三重町駅からのアクセス
JR豊肥本線
三重町駅から徒歩20分 タクシーで6分
大分バス
三重総合高校前から徒歩5分
ごりょう神社前から徒歩3分
ページの先頭へ